皆で過ごしやすく暮らそう ペットも快適リフォーミング|埼玉の建築仕上専門家【株式会社マックラップ】

電話 042-978-6806電話 042-978-6806

皆で過ごしやすく暮らそう ペットも快適リフォーミング

皆で過ごしやすく暮らそう ペットも快適リフォーミング

皆で過ごしやすく暮らそう ペットも快適リフォーミング

犬や猫を飼っている方には、外で飼う方と中で飼う方の二タイプがいらっしゃるかと思います。

ですがマンション暮らしの世帯が増えるにともなって、小型犬や猫の需要増えました。同時に室内でペットを飼うお宅も増えたようです。

そこで本日は、ペットの室内飼いでもたらされるトラブルと対策法をご紹介します。

 

よくある室内でのペットトラブル

ペットを室内で飼うことには、幾つかの利点があります。室内で飼うことによりペットの体調不良に気付きやすかったり、屋外で飼うよりも室内で飼う方がペットの寿命が延びるという統計も見られます。
ですがそのぶん、ペットを室内で飼うことには以下のようなトラブルもつきものだと言えるでしょう。

①トイレのしつけ
 室内で飼い始めの頃はとくに、家中に粗相をする犬や猫の話をよく聞きます。これはマーキング行為なので、根気良くしつけ続けなければなりません。
ペットのした粗相はフローリングに染み込みやすく、一旦染み込んでしまうと「臭い」「シミ」「変色」「カビ」等の原因となってしまいます。

②床材による歩行中、起立時のケガ
家のフローリングは、特に犬たちににとってかなりの負担です。
フローリンはすべりやすく、犬達は立ち上がって歩こうとするときに足を滑らせ怪我をする恐れがあります。こと老犬になると足腰が弱くなり、フローリングだと立てなくなってしまうので注意が必要です。

③ペットの嘔吐によるカーペットやフローリングへのダメージ
ペットは体調が悪くなると、食べたものを戻してしまうことが多々あります。
こと猫はグルーミングの際に毛を飲み込んでしまい、毛玉を吐くことが少なくありません。そして見えないところで吐いてしまうこともあり、そのまま気づかずフローリングやカーペットが傷んでしまうことも稀ではありません。

④室内にペットの体臭がこもる
とくに犬の体臭は分かりやすく、外から家に帰るとすぐに「あ、犬臭い」と分かります。これではお客様をお招きする事もはばかられます。一応すぐできる対策としては、犬や猫が外から帰ってきたらすぐに、石鹸水で絞ったタオルでかるく拭いてあげることなどがあります。

⑤床、壁、襖や扉への爪によるダメージ
犬も猫も、かなり鋭い爪をしています。犬は興奮して室内で走ってしまうときに、猫なら日頃のクセでやってしまう爪とぎなどで、「床」「壁」「襖」「扉」といったものを傷つけてしまいます。

 

リフォームの際は飼い主の視点からも考える

飼い主さんで家のリフォームをお考えの方がいらっしゃいましたら、ぜひ飼い主さんからの視点でも計画を立ててみることをオススメします。

毛やトイレの粗相、嘔吐あとの掃除を考えれば、床はフローリングの方が簡単です。ですがペットの怪我をご懸念のかたは、カーペットを敷いたり畳に変えたりのほうが良いでしょう。

また、ワンちゃんネコちゃんの体臭が部屋にこもるのがイヤだという方は、脱臭効果や消臭効果のある壁へと変更する事で対策がうてます。

 

ペットの行動範囲を制限してみる

ペットを室内で放し、自由に行動させている飼い主さんも多いかと思います。ですがそこをあえて、ペットの行動範囲を限定させるのも一つの手です。そして犬や猫がよく行動する場所ではカーペットを敷き、ご飯をあげる場所やトイレをする場所はフローリングにして掃除のしやすいようにしてあげると、飼い主さんもペットもストレスなく住めると思います。

 

家族だからこそ 皆が快適に暮らせる空間に

皆で過ごしやすく暮らそう ペットも快適リフォーミング

そもそも身体のつくりがまったく別の生き物が一緒に暮らすのですから、そこにトラブルが発生するのは当然とも言えます。ですがそんなトラブルはちょっとしたアイデアで解決できるのです。

皆様も人とペットが快適に暮らしていける家を目指してみてはいかがでしょうか。

一覧へ

ページトップに戻る