ふすまや障子が長く利用されてきた理由|埼玉の建築仕上専門家【株式会社マックラップ】

電話 042-978-6806電話 042-978-6806

ふすまや障子が長く利用されてきた理由

ふすまや障子が長く利用されてきた理由

ふすまや障子が長く利用されてきた理由

最近では減少傾向にある和室。
それと同時にふすまや障子も目にする機会が少なくなってきています。
襖や障子は、古くから日本の生活に溶け込んできた建具です。
減少傾向を憂い、この伝統的なふすまや障子の文化を保存しようという活動もあります。
そこで、ふすまや障子の良さを改めてご紹介させていただきます。

 

ふすま・障子の歴史的あらまし

ふすま・障子ともに平安時代に誕生した日本独自の文化です。
障子はふすまから誕生したもので、外からの視線を遮りながら光を取り込むことができると言うのは画期的でした。

ふすまや障子は時代と共にさまざまな変化をし、日本の住宅にとって欠かせない建具として利用されてきました。

 

ふすまの魅力

ふすまは昔から部屋を「仕切る」と言う形で利用されてきました。

何枚も重ねられた和紙により、温度や湿度、風の通りを調節する性質があります。
断熱性もあるので、冬は寒さから、夏は暑さから守ってくれます。
さらに、乾燥している時期には水分を放出してくれる働きも。
四季のある日本で古くからふすまが親しまれてきたのは、その気候に適していたためです。

また、お部屋に合わせて表紙を貼り替えすることができるのもふすまの魅力です。
その時々に合わせた表紙を選び、さまざまな雰囲気あふれるお部屋をつくることができます。

 

障子の魅力

障子に利用されている和紙は、通気性に優れています。
空気を自由に通すため自然に空気清浄してくれます。
吸湿性もあるので、湿気が室内にこもってしまうのを防いでくれます。
さらに保温性にも優れていて、ふすま同様、日本の気候に適しています。

ふすまとの違いは、障子は外からの光を取り入れることができるところです。
日光の直接的な光ではなく、人が心地良く感じる自然な明るさを作り出してくれます。
これも、障子が日本人に愛される理由だと言えるでしょう。

 

和室のおもむき

現在の家は洋室が主になってきています。
もちろん洋室には洋室の良さがありますが、和室には洋室にない良さがあります。

和室は畳敷きなので、そのまま座ったり、横になってリラックスしたり、サッと布団を敷けば寝室にもなったりと、さまざまなシーンで使うことができます。

さらに和室を構成している土壁、畳、ふすま、障子は自然の素材なので、機能性にも富んでいます。

ゆったりとした時間を過ごしたい、日本の風情、わびさびを楽しみたい。
そう思われる方には和室をおすすめします。

一覧へ

ページトップに戻る