床がミシミシ鳴るのは? 「床鳴り」の原因と対処法|埼玉の建築仕上専門家【株式会社マックラップ】

電話 042-978-6806電話 042-978-6806

床がミシミシ鳴るのは? 「床鳴り」の原因と対処法

床がミシミシ鳴るのは? 「床鳴り」の原因と対処法

床がミシミシ鳴るのは? 「床鳴り」の原因と対処法

歩くたびに床がギシギシ、ミシミシ音を立てることを「床鳴り」といいます。床鳴りは古い建物に多く見られる現象ですが、新しい家でも起こることがあります。

古い建物の床鳴りは主に劣化によるものですが、新しい家での起こる床鳴りの原因はさまざまです。
年間を通じ膨張・収縮を重ね建材は動きます。その結果床鳴りに繋がります。
床鳴りの原因と対処法・直し方についてご紹介します。

 

 床鳴りは大きく分けて「2つ」

◆フローリング材(面材)が鳴る

◆下地(骨組み)が鳴る

 

フローリング材の伸縮

床がミシミシ鳴るのは? 「床鳴り」の原因と対処法

新築間もない家なのに床鳴りが始まる原因の一つに、フローリング材の伸縮によるものがあります。
建築に使われる木材の中には乾燥が甘いものがあり、季節によって多少伸び縮みを起こす場合があるのです。きちんと施工してあっても天然の木材を使っている以上、起こり得ることです。それが原因で床鳴りを起こすケースも少なくありません。

いきなり床が抜けるようなことはないので、まずは季節によってどのように床鳴りが変化するか様子を見て、収まらないようなら購入2年目までに工務店へ相談してみてください。

 

施工の不具合

フローリングと土台の接着材などがはがれ、フローリングがたわんでしまうと、床鳴りが起こるようになります。
構造材がきっちり収まっていないのに下地合板を張ってしまったり、土台の寸法がもともと揃っていなかったり、下地材と仕上材の間にわずかなチリやゴミが入ってしまったりすると、下地材にわずかな凹凸が生じます。1mmにも満たない凹凸でも、仕上材との間に隙間が生じれば床鳴りの原因になり得ます。

この場合は樹脂などを隙間に注入してフローリングのたわみをなくすことで、床鳴りを解消することができます。

 

土台が鳴っている可能性もある

床ではなく、床の下の土台、根太タルキなどの木材同士がこすれて鳴っている可能性もあります。木材の乾燥が甘く、季節によって伸び縮みするせいで床下から音が聞こえることがありますが、これは床鳴りではありません。

時間がたつと落ち着いてくることもあるのでまずは様子を見て、収まらないようなら工務店などへ相談をしましょう。

 

シロアリの可能性

キッチンや洗面所、トイレなどの水回りで床鳴りがする場合、シロアリの可能性もあります。
水回りの木材は傷みが早いため、シロアリが好んでやってきます。梅雨時や季節の変わり目に床鳴りがする、フローリングがぶかぶかするようなら、木材の性質や家の構造上の問題ではなく経年劣化やシロアリ被害が考えられます。
このような場合は、工務店や業者に相談してみましょう。

 

床鳴りの直し方

1階の床鳴りと2階の床鳴り、階段の床鳴りと補修作業は大きく異なります。
まず、1階の床鳴りを止める方法は、キッチンの床下収納や洗面脱衣室の床下収納を外し床下へもぐりこみます。床が鳴る下地にパッキン材・ビス・修正剤・等を使い補修します。
(近年の新築で使用されている下地材は金属の物もあり、金属調節で簡単に床鳴りが止まる住宅もございます)

2階の床鳴りの場合は、床が鳴る1階の天井を解体し補修をおこないます。一度1階の天井を解体するという大きな工事になります。また、階段の床鳴りも同様に天井や壁を解体し補修作業をおこなう為、大変大きな工事になります。

※市販されている「床鳴り補修材」で床鳴りが止まるケースは残念ながらほとんど無いです。きちんと床鳴りを止めるにはしっかり「元」から直しましょう。

床鳴りの原因はいろいろあります。自分で対策を立てる前に一度、施工業者や建築士に相談することをおすすめします。

 

住宅メンテナンスの基本

住宅のメンテナンスのポイントは「外装」です。経年劣化は外装から始まりますので、住宅に不具合が発生しないようまずは外装をきちんとメンテナンスしましょう。
外装メンテナンス・外壁塗装・等/外装専門サイト

 

main

 

安心の外壁塗装詳しくはこちら

一覧へ

ページトップに戻る