中はどうなってる? ふすま芯材いろいろ|埼玉の建築仕上専門家【株式会社マックラップ】

電話 042-978-6806電話 042-978-6806

中はどうなってる? ふすま芯材いろいろ

中はどうなってる? ふすま芯材いろいろ

中はどうなってる? ふすま芯材いろいろ

ふすまは日本独特の建具です。収納扉でもあるし、間仕切りとしても使えます。
日本の風土に適して発達してきたふすまは、張り替えるとなると業者に頼むのが一般的です。
一口にふすまといっても、その本体の作りはいろいろ。
張り替えは当然、本体の作りと大きく関係します。

ふすまの本体、ふすま芯材についてご紹介します。

 

組子ふすま

本ふすま、和ふすまとも呼ばれる伝統的なふすまです。木製の組子の上に何重かに紙を貼って仕上げたもので、そりやねじれに強く、温度や湿度への適応力が高いのが特徴です。また紙、縁、引手など古くなった部分だけ取り換えることができ、何度でも新品同様にリフレッシュできるのが組子ふすまのメリットです。

 

チップボールふすま

従来の組子に、チップボールと呼ばれるボール紙を下張紙として貼ったふすまです。組子ふすまの量産型で、和ふすまの下貼りの手間を省くために作られました。組子の数も下貼りの手間も少ないため、現在はチップボールを使ったふすまが主流になってきています。ふすま紙は浮かし張りをするので、何度でも張り替えることができます。

 

板ふすま

簡単に組んだ組子の上に、紙ではなく合板を貼ったふすまです。他のふすまに比べて丈夫ですが、重いのが難点です。また枠を外すことができません。片面に壁紙、片面にふすま紙を貼ったものを「戸ふすま」といい、マンションやアパートなどの集合住宅で多く使われています。和室と洋室の仕切りに設置される場合は、和室側にふすま紙、洋室側を板戸仕上げしたものが一般的です。

 

発泡プラスチックふすま

発泡プラスチックを芯材としたふすまで、低コストで大量生産ができる上に寸法なども自由に設定できるのが特徴。スチロールとスチレンの2種類がありますが、スチロールでできたものが大半を占めます。木でできたふすまに比べて軽いのですが、そりやねじれが発生しやすく、ふすま紙はベタ貼りするため張り替えが難しいという難点があります。

 

段ボールふすま

中はどうなってる? ふすま芯材いろいろ

発泡プラスチックふすまと同様に大量生産できる量産ふすまです。3層ぐらいに重ねた段ボールに湿気防止用のアルミ箔を貼ったもので、機械生産できるため低コストで大量に作ることができる反面、そりやねじれが発生しやすいというデメリットもあります。表面はベタ貼りのため、張り替えが難しく、張り替える場合は上から重ねて貼るようになります。

同じように見えるふすまですが、本体の違いによって、ふすまの張り替えをしようと思った時、そのふすまが昔ながらの浮かし張りをしてあるものと本体にベタ貼りしてあるものとでは、張り替え方が異なってくるのです。

一覧へ

ページトップに戻る