部屋のイメージを決める!フローリング・床素材の種類と特徴|埼玉の建築仕上専門家【株式会社マックラップ】

電話 042-978-6806電話 042-978-6806

部屋のイメージを決める!フローリング・床素材の種類と特徴

部屋のイメージを決める!フローリング・床素材の種類と特徴

部屋のイメージを決める!フローリング・床素材の種類と特徴

お部屋のリフォームを考えるとき、決めなければならないことはたくさんあります。
中でも、フローリングはお部屋のイメージを大きく左右する上に、部屋の過ごしやすさにも関わる重要なポイント。

今回は、フローリングの種類とそれぞれの特徴について解説します。

 

どれがいい? フローリング・床素材の種類

床と言っても、木で出来たフローリングや畳などの様々な種類があります。
それぞれにはどのような特徴があるのでしょうか?

 

・複合フローリング

まず、床のフローリングでとても人気のあるものとして、複合フローリングがあります。
合板などの基材の上に本物の木の化粧単板を貼ったタイプのフローリングです。
表面に傷やすれから守るためのコーティングをして仕上げており、素材や色などのバリエーションがとても豊富で、変形しにくく耐久性や遮音性がよいものなど機能性もバツグン。
価格帯もさまざまで、ハウスメーカーの標準仕様とされていることも多いです。
どの床材が良いか分からないと言う場合は、この複合フローリングを選んでおけばまず失敗をすることはないでしょう。

 

・単層(無垢)フローリング

単層フローリングもよく使われます。 これは無垢フローリングとも呼ばれているもので、天然の木材を使用したフローリングです。
天然の木材の質感や暖かみを味わえるのが長所ですが、傷みがつきやすく、お手入れにも頻繁に行う必要があります。
一般的に複合フローリングよりは価格が高い傾向にあり、性質や印象、価格などは使用する木材によって大きく異なるのが特徴です。寝室などの、癒しを求める空間に利用すると、温かくて木の香りに包まれた寝室で眠ることができますよ。

 

・コルクタイル

コルクタイルは、コルク樫の樹皮を粉砕して焼き固め、ブロック状になったものを敷き詰めるものです。 断熱性が高く耐久性に優れていて、吸音性もあります。 適度な弾力性があり歩いていても気持ちが良いのですが、劣化しやすく補修も困難なので張り替え対応になることや、価格が高めになるというデメリットがあります。
汚れやすく床の張り替えが多い子供部屋などに使用すると、防音対策にもケガ防止にもなるのでオススメです。

 

・畳

畳は伝統的な日本の床材で、畳床が天然素材のものもあれば天然木質繊維やポリスチレンフォーム板を使用したものもあります。最近では正方形に近い形の琉球畳も人気です。
長所としては肌触りや香りが良く、断熱性や弾力性にも優れているので、書斎や趣味の部屋に使用すると心地いい空間を作ることができます。

 

・クッションフロア

クッションフロアは塩化ビニルの床材で、模様を印刷したシートを透明のシートで挟み込んで形成します。
プリントできる柄がとても多彩で耐水性や遮音性に優れている特徴があり、水廻りに使用されることも多いです。
価格も複合フローリングより安価なので、物置やキッチンなどに使用される方もいらっしゃいます。

いかがでしたでしょうか?
後悔の内容に、部屋の用途に合わせた床材を選んでみて下さい!

一覧へ

ページトップに戻る