畳にも寿命がある!畳の替え時と判断基準|埼玉の建築仕上専門家【株式会社マックラップ】

電話 042-978-6806電話 042-978-6806

畳にも寿命がある!畳の替え時と判断基準

畳にも寿命がある!畳の替え時と判断基準

0630_0

畳も長年使っていると徐々に劣化してきて、お手入れや交換などの手入れが必要になります。

畳は毎日目にしているので気づきにくいですが、数年経つと当初張り替えたときとは色や状態がどんどん劣化し、寿命を迎えるのです。 畳の寿命とは、どう見極めたらいいのでしょうか?
今回は、畳の寿命とその替え方の種類方法についてお話します。

 

年数によって変わる! 畳の変え方とは

畳が劣化してくると、ニオイや汚れが目立つので畳を張り替えないといけません。
この畳の張り替えには裏返し・表替え・新畳と呼ばれる3つの張り替え方があります。
それぞれ、どのような張り替え方で、どの段階で行えばいいのでしょうか?

 

・裏返し

裏返しは、畳の表面のイ草のゴザ(畳表)を裏返しにして、縁部分も合わせて新調する方法です。
この裏返しは畳を使い始めてからからおよそ3~4年経ったころに行います。
畳が日に焼けて変色してきたり、畳に小さな傷がついたり少し汚れてきたなど、状態変化があれば裏返しを検討すべき時期だと言えるでしょう。
張り替え方法の中では最もお手軽で、自分達でも行うことができます。

 

・表替え

表替えは、畳の表面のゴザ(畳表)を新しいものと交換する方法です。
畳を新しくしてから6~7年くらいが表替えの目安になります。
状態変化の目安としては、

1畳の表面が毛羽立つ
2畳の上に寝転ぶと衣類に粉がつく
3畳の表面が擦れて白っぽく変色してきた
4畳の汚れが落ちなくなってきて傷みが目立つ
5畳の光沢感がなくなった

以上の状態が見受けられたら、表替えを検討すべきでしょう。
表替えを行う場合畳の中心である芯の部分は再利用するのですが、
畳表と縁が新しくなるので見た目は新品のようになります。

 

・新畳

新畳は、畳全体を新しいものと取り替える方法です。
実際畳も10年~15年以上の長い年数を経てくると、どれだけ丁寧に手入れをしていても日焼けなどによって変色が進み、傷みもひどくなってしまいます。
畳の上を歩くとぷかぷか浮いたような感覚があったり、畳と畳の間に大きなすき間ができていたり、畳が焼けてしまっている場合などは新畳に張り替えると良いでしょう。

 

畳を長持ちさせる方法

畳もその使用方法によって長持ちさせることができます。
半年に一度くらいの頻度で天日干し・畳を少し上げて湿気を逃がすケアを行うと、菌やカビによる傷みを減らすことができます。選ぶ畳表を部屋の用途に応じた適切なものを選んだり、3~4年ごとにゴザ張り替えを行うことによっても畳の寿命を延ばすことができるので、部屋の用途に合わせた畳を選んでください。

畳みは、掃除が難しい分、汚れが蓄積しやすいものです。
傷んだ畳で怪我やアレルギーを発症しないためにも、畳の寿命をしっかりとチェックしておきましょう。

一覧へ

ページトップに戻る